プロバスケットボール男子Bリーグは6日、沖縄アリーナで14、15の両日に開催予定だった「Bリーグオールスターゲーム2022in沖縄」を中止すると発表した。出場予定選手に新型コロナウイルス陽性者の濃厚接触者が多数出ていることから「欠場が多数生じる可能性が高い」と中止を判断した。

シーサーや守礼門が入ったオールスターゲームのロゴ

 Bリーグでは今週、琉球ゴールデンキングスやA東京、北海道、大阪、京都などの球団で、選手らの新型コロナ陽性判定が相次いでいた。オールスター出場予定の27選手中、12選手が陽性判定や濃厚接触者に含まれる可能性があるという。

 Bリーグの島田慎二チェアマンは「過去最大、最高のオールスターを見ていただくことで、閉鎖感のある世の中に少しでも笑顔になっていただけると確信していた。2年連続開催中止となり大変残念でならない」とコメントした。

 チケットの払い戻しは詳細決定後、Bリーグ公式サイトで発表する。14、15日には代替コンテンツの配信を検討するという。