(第1部)平均株価は大幅反落。2万8400円台で終わり、約半月ぶりの安値となった。下げ幅は昨年6月21日以来、約半年ぶりの大きさだった。米金融政策の早期正常化への警戒感から前日の米株価が下落し、東京市場も流れを引き継いだ。国内の新型コロナウイルス感染者の増加が重荷になった。