[ティンクティンクのコラムユイヤサ!](37)波名城夏妃

波名城夏妃・ティンクティンク

イラスト・波名城夏妃

波名城夏妃・ティンクティンク イラスト・波名城夏妃

 あけましておめでとうございます! 皆さまはどんな年明けをお過ごしになられましたか? 私はメンバーのお宅でたらふくごちそうを頂きました。この時期になると、宮古島の大みそかのことを思い出します。

 その日は友人の祖父のお寺へ行き、除夜の鐘を鳴らすのが恒例でした。午前0時まで待てず、夜になるとお寺の隣にある保育園へ行き、遊具に腰掛けて待ちます。作務衣(さむえ)を着た友人が、お寺の周りをパタパタと駆け回り準備をしている様子が見えました。午後11時過ぎになると列に並んで整理券を受け取り、その後に、その友人も合流します。

 いよいよ午前0時です!「ゴ~ン」。除夜の鐘が平良地区の空に鳴り響きます。「あけましておめでとう!!」お寺中から人々の喜ぶ声が聞こえます!

 さあ、私たちの順番です。二人一組になり、思い切り鐘をつきました。鐘の音がビリビリ体に響き、感動と興奮で腰が抜けそうになりながら、なんとか階段を下りました。

 それから皆で私の家へ行き、初日の出を見に行くためしばし休憩。そして4時ごろにコンビニで買い物をして、初日の出スポットの高野漁港へ徒歩で向かいます。

 十字路の辺りでは片足ピンザが出ないかと怖くなり、大野山林の林道に入ると、シンとした森の中がまるで別世界のように感じたり。怖くないように皆で歌いながら進みます。そして明け方6時過ぎにようやく到着。「あれ、まだ日出てないじゃん?」。公園の遊具で遊びながら待ちます。そのまま遊具で寝る友人も…。日がのぼる朝8時まで、とても長く感じました。

 大勢の人が集まってきて、そろそろかっ! とみんなで海をじっと見つめます。水面から太陽がすぅーっとあがって、やがて島を照らしだしました。その美しい光景を今でも鮮明に覚えています。

 今年初のコラム、お付き合い頂きありがとうございます。皆さんにすてきな一年が訪れますように。