県警は6日、2021年の大麻や覚醒剤などの違法薬物事犯による摘発者は226人(暫定値)で、1975年以降、最多となったと発表した。10~20代が134人で全体の約6割を占め、若年層への広がりが顕著となっている。