県内での新型コロナウイルスの感染急拡大が、23日に投開票が迫る名護市長選と南城市長選の活動に大きな影響を与えている。各陣営は計画していた集会や演説会の中止を相次いで決定。電話や街宣、SNS発信の強化など方針転換を急ぎ、コロナ禍の選挙戦に臨む。