[琉球色物語](6)ムラサチ(紫色)

「クラリンドウ模様」の花・茎に配色

 ムラサチは、赤系・青系の色との相性も良く色相の範囲が広いため、色味を変えバランスを取ることができます。

 その特性からびんがたを彩る配色の中でも種類が多く、赤みの強いワカムラサチ(若紫)・アカムラサチから色味の濃いアオムラサチ・クルムラサチ(黒紫)などがあり、厳密な色味の判断が難しい色です。

 茎と花にはムラサチを配色していますが、彩度を変えることにより画面全体の印象を変えられる柔軟な色と言えます。(びんがた作家・研究者 平田美奈子)