沖縄県うるま市田場の就労継続支援施設「funラボ」で生活支援員として働きながらオリジナル曲の制作やライブなどの音楽活動を行うアーティストのayameさん(51)がこのほど、オリジナルのCD販売を始めた。CDジャケットには施設利用者が一枚一枚描いたイラストを使用し「世界に1枚だけのCD」に仕上がった。(中部報道部・仲村時宇ラ)

 ayameさんは2010年から音楽活動を始め、これまで約40曲のオリジナル曲を制作してきたが、ソロでCDを出すのは今回が初めて。何年も前からCDを作りたいと思っていたが、費用や販売方法などを考えると自信がなく、踏み出せずにいたという。

 しかしコロナ禍で...