沖縄県名護市呉我の国道505沿いの海岸は昨年から押し寄せた軽石に覆われている。2日に渡り鳥のカワウ(ウ科)が群れで飛来しているのが観察できた。屋我地鳥獣保護区管理員の渡久地豊さん(58)が数を数えた結果、208羽だったという。

カワウの向こうには黄色いフェンスが張り巡らされている呉我海岸=名護市呉我

 羽休めをしていた干潮の干上がった場所は、砂地ではなく軽石。カワウの向こう側では2隻のバージ船も軽石に囲まれていた。心配なのはカワウが餌と間違えて軽石を食べないかだ。(玉城学通信員)