現職の渡具知武豊氏(60)と新人で名護市議の岸本洋平氏(49)は、まちづくりや地域経済活性化も重要政策の一つと位置付けている。

 両氏ともに名護市の課題として掲げるのは市民所得の向上だ。県統計課が公表した2018年度の1人当たり県市町村民所得で、名護市は222万8千円と県平均の239万1千円を下回り...