「成人の日」を10日に控え、県内の医療や経済、福祉、教育分野などの有志18人でつくる「新型コロナウイルス対策・タスクフォース沖縄」の玉城研太朗代表(那覇西クリニック医師)らが7日、県庁記者クラブで会見し、抗原検査の受検や会食エチケットの徹底などを呼び掛けた。