【山城博明通信員】オキナワ移住地では近年、サトウキビと穀物の生産を手掛ける農家が多いが、オキナワ第3移住地在住の玉城薫さん(51)はサトウキビに専念している。  両親は読谷村出身で、琉球政府の第15次移民として1962年に第3移住地に入植した。薫さんは玉城家の次男として第3移住地で出生。