沖縄県嘉手納町は5日、町民が亡くなったとき、遺族が必要となる各種手続きをまとめた「おくやみガイドブック」の発行を発表した。終活関連サービス事業を手掛ける鎌倉新書(東京都)が編集制作を担った。同様の冊子発行は町では初めてで、町によると、市町村が民間と制作したのは県内初という。町役場の町民保険課窓口で配布するほか、町図書館や各区コミュニティーセンターに設置して活用する。

嘉手納町が発刊した「おくやみガイドブック」の活用を呼び掛ける當山宏町長(左から2人目)ら=5日、嘉手納町役場

 ガイドブックでは、主に役場で必要となる死亡届や年金手続きなどを掲載。他に、軍用地主が亡くなった場合の問い合わせ先や、役場以外での手続きも記載。専門の業者が編集制作を担うことで、幅広い手続きをカバーした。法律改正があった場合には、業者が修正して最新版を制作できるメリットがあるという。

 これまでは、必要な手続きの一覧をA4用紙1枚に列記した簡易な手引書のみしかなく、町議会で、分かりやすく詳細なガイドブックの必要性が指摘されていた。制作費は、ガイドブック掲載の広告費でまかなったため、町の支出はない。初版は700部制作した。

 當山宏町長は「ご遺族のお役に立てるものと思う。ぜひ活用いただきたい」と呼び掛けた。