社説

社説[コロナ禍の入試]機会の保障と公平性と

2022年1月13日 07:13

 新型コロナウイルスのオミクロン株が急拡大する「第6波」のさなかに、受験シーズンを迎えた。

 文部科学省は、感染や濃厚接触などで大学入学共通テストを受けられない受験生の救済策として、国公立の2次試験など個別試験のみで合否を判定できるよう各大学に通知した。

 個別試験も受けられない人の場合は、追試験で4月以降に入学できるような柔軟な対応も求めた。

 共通テストは15、16日に迫る。県内では約5600人の出願が見込まれ、結果は受験生の将来を左右する。

 オミクロン株が猛威をふるう沖縄では、12日も過去2番目に多い1644人の感染が判明した。中でも目立つのは20代を中心とした若者の感染だ。大学側は受験生の感染対策に万全を期しつつ、努力が報われるよう機会の確保に努めてほしい。

 今週末に受験できなかった人への追試は、29、30日の予定だ。濃厚接触者が最初の試験を受けられず、その後に陽性が判明し追試も受けられないというケースも想定される。個別試験のみで合否を判断する想定は、受験機会の保障の観点から妥当だろう。

 文科省は昨年末、オミクロン株の濃厚接触者は一律に受験させない方針を示したが、世論の反発を受け撤回しており、今回はその反省を踏まえて救済策を打ち出した。

 ただ、個別試験のみで合否を決める場合、共通テストを受けた人との公平性が課題になる。

■    ■

 2月以降は、各大学で個別試験が本格化する。

 共通テスト、個別試験、その後の追試を全て受験できない場合、文科省は面接や書類選考が中心の「総合型選抜」を設け、その際は手続きが遅れても入学を認めるべきだとしている。

 受験生がこの選抜方式を有利とみなせば、試験をあえて辞退する人が出るかもしれない。逆に不利と思われれば、選抜方式で合格できなかった人は不満だろう。

 「面接と書類で学力を十分に測れるのか」という疑問は、受験生も大学側も抱くはずだ。どのテストを受けたかで合否に影響するという疑心暗鬼を生まないよう、十分に配慮しなければならない。

 コロナ禍でも平等な受験機会の確保と、合否判定の公平性は最優先されるべきだ。文科省は救済策の詳細な制度設計を早急に詰め、大学と受験生に開示する必要がある。

■    ■

 同時に重要なのが感染対策の徹底だ。大人数が集まるためクラスター(感染者集団)のリスクもある。県内は私立校で入試が始まり、県立高の試験を3月上旬に控える。

 興南中は感染対策で、校内への入場を受験生のみに制限。換気の良い体育館を試験会場とし、体温チェックや手指消毒などの対策もした。

 文科省の新たな方針で、濃厚接触者も(1)無症状でPCR検査が陰性(2)公共交通機関を使わない-など条件を満たせば別室で受験できる。だれもが安心できる安全な環境で成果を発揮できるよう、各校が知恵を絞ってほしい。

 2022 ・ 1 ・ 13   沖縄タイムス

沖縄県内の「新型コロナ」これまでの記事一覧

連載・コラム
記事を検索
注目コンテンツ
電子パズル「数独」
電子パズル「数独」
毎週日曜日に新しい問題を出題します。有料会員向けサービス。ちょっとしたスキマ時間にスマホやパソコンで頭の体操してみませんか?
復帰のエピソードお寄せください
復帰のエピソードお寄せください
日本復帰にまつわる体験や、半世紀を振り返っての思いなどをお寄せください。
新春 TOP INTERVIEW 2022
新春 TOP INTERVIEW 2022
沖縄経済の第一線で活躍する企業・団体の経営者に、新たな年を迎えるにあたっての抱負や展望、変化の激しい時代を見据えた今後の事業展開、地域貢献への思いなどをうかがいました。
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
Kiroro玉城千春さんが沖縄県内の小・中学校を訪ねて、夢、命の尊さを届けます。
不器用トーク・アーカイブ
不器用トーク・アーカイブ
不器用トークのアーカイブページです。毎月1回、まさに今、現場で取材している記者たちが、それぞれのテーマについて熱く語ります。
命ぐすい 耳ぐすい
命ぐすい 耳ぐすい
沖縄県医師会の各分野の医師による医療・健康に関するコラム
胃心地いいね
胃心地いいね
沖縄タイムスの各市町村担当の記者が、地域で話題のお店や人気グルメを食べ歩きます。
NewsVideo
NewsVideo
ニュースをわかりやすく 新聞社の動画で比較
アクロス沖縄
アクロス沖縄
東京発 各分野で活躍する情熱県人らを紹介
ワールド通信員ネット
ワールド通信員ネット
世界各国の沖縄県系人の話題を中心に、海外通信員が各地のニュースをお届けします
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
おばあタイムスでおなじみのマンガ家・大城さとしさんが長編マンガで沖縄の企業を紹介するシリーズ企画です。
沖縄タイムスのイチオシ
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
howliveは沖縄タイムスが運営するシェアオフィス、コワーキングプレイス。抜群の立地と美しいデザイン、豊富な設備が特徴です。
問題解決型メディア・プラットフォーム「Link-U by OKINAWATIMES」
問題解決型メディア・プラットフォーム「Link-U by OKINAWATIMES」
クラウドファンディングに加え、セミナー・コミュニティー事業を通じ、現状を変えようと挑むすべての「リーダー」たちを後押しします。
おきなわ 伊平屋島オンラインフェア
おきなわ 伊平屋島オンラインフェア
「特産品」はもちろん、観光や歴史を堪能できる映像コンテンツをお届け。2月4日から。
沖縄タイムス公式動画チャンネル
沖縄タイムス公式動画チャンネル
沖縄特有の動植物や、観光スポット、事件・事故、そして米軍基地問題まで、さまざまな情報を動画でお届けします。
「ライトプラン」スタート
「ライトプラン」スタート
得する人生、始めよう!有料記事100本が読み放題。記事閲覧“爆速”体感を。
沖縄タイムス会社案内デジタル版
沖縄タイムス会社案内デジタル版
最新の会社情報や仕事内容を紹介。社長や若手社員から就活生へのメッセージもあります。
「お悔やみ速報沖縄 しまダビ」登場
「お悔やみ速報沖縄 しまダビ」登場
お世話になった方との最後のお別れはお別れを大事にしたい・・・そんなあなたのアプリです。
沖縄タイムス社NIB講座実施のお申込みはこちら
沖縄タイムス社NIB講座実施のお申込みはこちら
新聞から得るジンブンはビジネスの最強ツール!新入社員研修やOFF-JTにNIB講座「新聞の読み方講座」はいかがですか?
新聞配達員募集
新聞配達員募集
お住いの地域周辺で、空いている時間を活用して働いてみませんか?
お友達紹介キャンペーン!!
お友達紹介キャンペーン!!
沖縄タイムスをご紹介された方へ商品券5,000円を贈呈します。期間は12月1日~2022年2月28日まで。
フルカラーキャンペーン1カ月延長!
フルカラーキャンペーン1カ月延長!
2021年11月から実施の「フルカラーキャンペーン」の応募締め切りを、好評につき2022月1月31日(月)まで延長!「フルカラー賞」の各当選数を2倍にアップ!!