○…県の軽石問題への対応を審議する県議会土木環境委員会で、質疑を重ねた下地康教県議(沖縄・自民、宮古島市区)。補正予算で軽石対策費用も組まれていることから、「1度、委員会でも審議するべきだ」と提案し、議会閉会中の開催にこぎ着けた。たんかを切った責任からか、質疑もトップバッターを担い、気合は十分。