建設業の丸内(宜野湾市)の伊豆味俊規社長らは12日、4月に開講予定の県立那覇みらい支援学校を訪れ、児童らが使えるプール用の車いすを贈呈した。外構工事を担った同社が、必要なものがあれば支援したいと申し出ていた。伊豆味社長は「子どもたちに喜んでもらいたい」と話した。