大手芸能事務所サンミュージックプロダクションは沖縄から次世代スターの発掘を目的に、「Sun Music 美らスターオーディション2022」を県内で実施する。

オーディションへの参加を呼び掛ける(右から)サンミュージックプロダクションの岡博之副社長、サンミュージック沖縄の嘉手苅生佳代表、森田和幸取締役兼音楽プロデューサー=12日、那覇市安里

 4月に開校するサンミュージック・アカデミー沖縄校の企画第1弾。ボーカル、シンガー・ソングライター、アイドルなど歌に特化したオーディションで、対象は沖縄在住または沖縄出身の7~25歳。性別や自薦・他薦は問わない。

 グランプリは賞金30万円で、沖縄校でのレッスン費用の免除や県内企業のCM出演、オリジナル楽曲でのデビュー(予定)の特典もある。

 応募方法はオーディション公式LINE、ツイッター、インスタグラムに、30~60秒の歌唱動画を投稿。1次審査の応募は31日まで。2、3次審査を予定し3月にもグランプリを発表する。

 サンミュージック沖縄の嘉手苅生佳代表らは「スターの原石を発掘し、育て、花開かせて、県民に明るい希望を届けたい」と話し、応募を呼び掛けた。

 問い合わせはサンミュージック沖縄、メール info@sunmusic.okinawa