埼玉県川越市の新井喜一元市議(72)からセクハラを受けたなどとして、同市の30代女性職員が、新井氏に慰謝料など330万円を求めた訴訟の判決で、さいたま地裁川越支部は13日、新井氏による性的な発言があったと認定し、110万円の支払いを命じた。