新型コロナウイルスの感染急拡大の中で実施される23日投開票の名護市長選と南城市長選では、コロナ感染で宿泊施設や自宅で療養する有権者は、郵便投票ができる。両市の選挙管理委員会はホームページ(HP)で手続きの流れを説明し、活用を呼び掛けている。