スキマスイッチが14日、旧知の間柄の俳優・田中圭がMCを務める日本テレビ系音楽番組『MUSIC BLOOD』(毎週金曜 後11:00)に出演。自身の“血液”として流れる思い入れのある音楽“BLOOD SONG”として、Mr.Childrenの「しるし」を披露した。

1月14日放送『MUSIC BLOOD』に出演したスキマスイッチ(C)日本テレビ

【写真10点】ミスチルトーク&「しるし」を披露したスキマスイッチ

 田中とスキマスイッチの大橋卓弥、常田真太郎の出会いは2005年。スキマスイッチの楽曲「飲みに来ないか」のミュージックビデオに田中が出演したことがきっかけで、当時の映像を観ながら全員で大笑い。田中は「あの時はシンタ(常田)くんの家で、毎日のようにウイイレ(ゲーム「ウイニングイレブン」)をやっていたなあ」と懐かしみ、大橋は「その後はあまり会わなくなったけど、『おっさんずラブ』で主題歌を担当させてもらってから、またよく遊ぶようになって」と振り返った。

 スキマスイッチが影響を受け、嫉妬したアーティストとして、Mr.Childrenをあげた。まだMr.Childrenがそこまで世に知られていない頃、大橋はボーカルの桜井和寿に、常田はプロデューサーの小林武史に注目していたという。

 大橋は「『Replay』を初めて聴いたときに、とにかくメロディーのすばらしさにびっくりして、学校帰りにそのままCDを買いに行きました」と回顧。常田も「『車の中でかくれてキスをしよう』を友達の妹が聴いているのを聴かせてもらって、衝撃を受けました。当時は何も楽器はできなかったけど、そこから楽器を練習し始めました」と振り返り、2人は「業界にミスチルファンはたくさんいるけど、その中でも僕らが一番だと思う」と自負した。

 さらに、大橋がカラオケで絶対にMr.Childrenの楽曲を歌うことを田中が明かすと、常田は「というか、自分の持ち歌かのように歌うからすごい」と同調。『ap bank fes』でMr.Childrenと初共演したときの話でも「『星になれたら』を気持ちよく歌わせていただきました」とご満悦だった。

 大橋は桜井のすごさについても熱弁。「HERO」の歌詞の世界観に加え、各サビ部分で歌い方を変えていること、喉を閉めて歌うことで”切なさ”を演出しているので聴く人に感情が刺さること。さらに、「ファスナー」の歌詞に出てくる絶妙な比喩表現や、男女の恋愛模様を歌った「くるみ」のボタンやボタンホールを使った独特の表現がオシャレすぎると、ゾーンに入ったまま語り続けた。

 そんなスキマスイッチのBLOOD SONGが「しるし」。大橋は「アーティストである上で、代表曲を作ることは一つの目標となりますが、その目標を達成すると、今度はその目標を超えなきゃという思いが強くなるんです。それが生まれない間は、代表曲に苦しめられると言いますか。でも、ミスチルは代表曲を常に塗り変えて、たくさんあるのが本当にすごい。今日『しるし』を歌わせていただくことで、自分たちの中にある、”代表曲の呪縛”みたいなものから解き放たれたい」と語った。

 さらに、新曲「されど愛しき人生」の制作秘話も。「2人だけでスタジオにこもってコツコツと作りました。今まで手作り感満載で作ってきたのですが、ここにきて自分たちがどんな歌を歌えばいいかわからなくなったんです。そこで、今僕らが歌うべき歌ってどんな歌がいいかなと周囲のスタッフさんに聞いたら『応援歌じゃないですか?』って。しかも『頑張れ』と励ます曲じゃなくて、『生きているってつらいね』って人生を肯定する曲。聴く人の心に寄り添えるような曲に仕上がっていると思います」と伝えた。

 2人は茜色の夕焼け空を想起させる映像をちりばめたセットをバックに「されど愛しき人生」をパフォーマンス。そして、BLOOD SONGの「しるし」は、常田のピアノ演奏1本で大橋が力強い歌声を響かせた。

 縦型&短尺映像配信アプリ「smash.」では、地上波番組の放送終了直後より、撮り下ろしライブ映像を無料配信。番組で披露した2曲のパフォーマンスを、それぞれ3タイプのカメラでとらえている。

オリコンスタイルは、オリコンNewS(株)から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。