[明言深聞 ずばり答える、本音を探る]

 国や自治体が管理してきた空港の民営化が全国各地で進んでいる。新型コロナウイルス感染拡大で旅行需要が低迷する中、民営化後の経営手腕に注目が集まる。和歌山県白浜町の南紀白浜空港の運営を2019年から担う南紀白浜エアポートもその一つ。岡田信一郎社長に、これまでの取り組みや今後の戦略を聞いた。(聞き手=政経部・島袋晋作)

 -親会社の経営共創基盤が白浜に注目した背景は。

 「日本全国にある50以上の地方管理空港はほとんどが赤字で、南紀白浜空港も年3億円の赤字を抱えている。南紀白浜空港の赤字を少しでも解消に近...