沖縄県内14のリゾートホテルで15日から、県産和牛のステーキや焼き肉、しゃぶしゃぶなどオリジナルメニューを提供する「TASTE OKINAWA 県産和牛フェア」が始まる。注文すると参加ホテルのランチ券や県産和牛セットが当たるキャンペーンもある。3月15日まで。

「OKINAWA KARIYUSHI RESORT EXES ONNA」のレストランで提供予定の「県産和牛(山城牛)鉄板焼きコース てぃーだ」

県産和牛フェアへの来場を呼び掛ける県畜産振興公社の上運天先一理事長(中央)と県ホテル協会の坂本公敏副会長(右)、山城畜産の山城善市代表=14日、恩納村の沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ

「OKINAWA KARIYUSHI RESORT EXES ONNA」のレストランで提供予定の「県産和牛(山城牛)鉄板焼きコース てぃーだ」 県産和牛フェアへの来場を呼び掛ける県畜産振興公社の上運天先一理事長(中央)と県ホテル協会の坂本公敏副会長(右)、山城畜産の山城善市代表=14日、恩納村の沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ

 新型コロナウイルスの拡大長期化で、出荷が落ち込んでいる県産和牛の消費を喚起しようと、県畜産振興公社が昨年に続き県ホテル協会と連携。同公社が1キロ当たり千円を補助する。期間中に約5トンの消費を見込む。

 同公社の上運天先一理事長は、恩納村内で開いた説明会で「沖縄が誇る県産和牛は、生産、流通、販売ともに現場は厳しい状況にある。県内の生産者をご支援いただきたい」と呼び掛けた。

 県ホテル協会の坂本公敏副会長は「それぞれのホテルのシェフが腕によりをかけたお料理を提供させていただく。県産和牛の消費推進に努めていきたい」と話した。

 うるま市で250頭を肥育する山城畜産の山城善市代表も出席し「これを機会に地元の方々にもぜひ食してもらいたい」と述べた。

 問い合わせは事務局、電話050(5491)3431。参加ホテルは同フェアのホームページで確認できる。