沖縄電力の本永浩之社長は14日、東京都内で記者会見を開き、インドネシアが火力発電の燃料である石炭の輸出を一時禁止したことを受け、影響が出た場合は調達先を分散する意向を明らかにした。沖縄電は原発を持たず、石炭火力発電の割合が約6割と高い。