全国の学校で、生徒の性自認や防寒などの機能性に配慮し、スラックスやスカートの着用を男女別指定から選択制にして“ジェンダーレス制服”を採用する動きが拡大している。