玉城千春さんが夢をかなえてきた自身のストーリーを、歌を織り交ぜながら紹介する特別授業には企画の趣旨に賛同した36の企業・法人が「未来づくりパートナー」として協賛している。未来づくりパートナーの活動を紹介していく。

「かいホーくんフラワー大作戦」で花の種をまいた参加者の子ども=2021年11月28日、那覇市内

「みどりの講演会」は 500回超を数える

沖縄海邦銀行(那覇市、新城一史頭取)

 「SDGs」の輪を広げて花と緑を増やそうと、沖縄海邦銀行(新城一史頭取)は昨年11月から「かいホーくんフラワー大作戦」の取り組みを始めた。各支店の窓口で、2種類の花の種を配布している。

 種を植えて生育過程を撮影し、応募フォームから投稿すると特設サイトに掲載されることも。1974年に始まり45年以上続く「みどりの運動」の一環。同年スタートした植樹などについて学ぶ「みどりの講演会」は昨年12月で539回を迎えた。

 担当者は「花が咲いた写真の投稿が待ち遠しい」と、花と緑の広がりに期待している。