阪神大震災では建物の倒壊や火災が多発して警察、消防など公的機関の救助が追いつかず、家族や地域住民らによる「共助」の重要性が浮き彫りになった。神戸市では住民主体の防災組織が整備され先進事例となったが、...