文部科学省の人事行政状況調査によると、2021年4月時点の公立小中高校などの女性管理職は1万4357人(21・1%)で過去最高となり、初めて20%を超えた。内訳は校長が5655人(17・7%)、副校長・教頭が8702人(24・1%)で、いずれも政府目標には届いていない。