2月15日に那覇市内で開催予定だったプロレス団体「ランズエンド」の興行「FUKUSHIMANIA」が、新型コロナウイルス感染拡大を受けて6月以降に延期することになった。

6月のイベント開催を目指すエフジーの福島崇志代表(左)とランズエンドの選手ら=沖縄タイムス社

 主催するエフジーの福島崇志代表が18日、沖縄タイムス社を訪れ「コロナが落ち着いた時にファンや子どもたち、福祉関係の皆さんにプロレスの楽しさを届けたい」と語った。

 同イベントは2019年と21年にも開催。収益金を児童養護施設に寄付するなど地域貢献活動も担っている。