アイスホッケー女子日本代表のFW大沢ちほは3大会続けて主将として五輪へ臨む。チームの誰もが認める29歳の不動のリーダーは「持っている力を出しきれば結果がついてくる自信がある」と上位進出のイメージを頭にはっきりと描く。  父は元日本代表FW。