沖縄タイムス+プラス ニュース

沖縄の自宅療養者が高止まり 県の配食遅れ 39市町村で独自支援策 食料支給や医療器具貸与

2022年1月20日 07:20

 新型コロナウイルスの第6波の感染拡大で沖縄県内の自宅療養者が8千人以上と高止まりする中、県のまとめで県内の39市町村で自治体や社会福祉協議会が食料や日用品の支給、買い物代行支援など独自に取り組んでいることが19日、分かった。自宅療養者の急拡大で県の配食支援サービスに遅れが生じ、間をつなぐ市町村は対応を迫られている。

新型コロナの自宅療養者への独自支援がある39市町村

 県は自宅療養中で、家族や知人などから支援を受けられない感染者に配食支援を実施。第5波で感染がピークに達した昨年8月は1カ月間で延べ2281人分だったが、第6波に入った今年1月は19日までに延べ1988人分を発送。1日の配食は300人を超え「対応できる業者の能力を超えている」という。県は支援が必要な人には「各市町村で県の配食開始まで対応していただいている」とし、増加に対応するため新たに委託業者との契約を進めている。

 県によると、32市町村が食料品や日用品を配達し、18市町村が買い物支援、9町村がパルスオキシメーターなど医療器具の貸与をしている。

 那覇市の社会福祉協議会は昨年9月から自宅療養の感染者とその家族向けに食料品やティッシュ、生理用品などの日用品の支援を始めた。支援物資は寄付金や企業からの贈呈品によって賄う。昨年9月中旬からの約1カ月半で申請は20件だったが、今年1月以降は平均で1日約10件ある。担当者は「県の支援は自宅療養者に2~3日で届いていたが、今年に入り1週間程度かかる場合も出ている」と利用増の背景を説明。

 宜野湾市は年明けから相次いだ市民からの問い合わせに対応し11日から、食料などの物資支援を実施。昨年9~10月末には同様に支援を受けた人が24世帯81人だったのが、1月は17日までで56世帯、195人と2倍以上になっている。

 読谷村も昨年9~10月の約1カ月間で26人だったのが、今年に入り11日からの1週間で71人に上った。「住民から要望がある限り支援していきたい」と話した。

 未実施の石垣市は「県八重山保健所が配食サービスを始めているため、二重に実施する必要性はないと判断した」と説明、市内の自宅待機者数がそれほど多くないことも理由に挙げた。北大東村はこれまで島内で感染者が出ておらず、必要に応じて対応するとした。

沖縄県内の「新型コロナ」これまでの記事一覧

連載・コラム
記事を検索
注目コンテンツ
ベジテーブルブログ
ベジテーブルブログ
野菜宅配サービス「ベジテーブル」。レシピ通りに作れば、おいしくて健康的な料理が短時間で手軽にできちゃいます。
電子パズル「数独」
電子パズル「数独」
毎週日曜日に新しい問題を出題します。有料会員向けサービス。ちょっとしたスキマ時間にスマホやパソコンで頭の体操してみませんか?
Tokyo沖縄めし
Tokyo沖縄めし
東京都を中心に首都圏にある沖縄料理店はおよそ600店。「ちむどんどん」する、心躍る沖縄の味を求めて、こだわりの店を紹介します。
データで捉えるウクライナ危機
データで捉えるウクライナ危機
データで捉えるウクライナ危機。購読は有料会員への登録が必要です。
解説 北朝鮮核・ミサイル設置情報
解説 北朝鮮核・ミサイル設置情報
解説 北朝鮮核・ミサイル設置情報。購読は有料会員への登録が必要です。
復帰のエピソードお寄せください
復帰のエピソードお寄せください
日本復帰にまつわる体験や、半世紀を振り返っての思いなどをお寄せください。
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
Kiroro玉城千春さんが沖縄県内の小・中学校を訪ねて、夢、命の尊さを届けます。
不器用トーク・アーカイブ
不器用トーク・アーカイブ
不器用トークのアーカイブページです。毎月1回、まさに今、現場で取材している記者たちが、それぞれのテーマについて熱く語ります。
命ぐすい 耳ぐすい
命ぐすい 耳ぐすい
沖縄県医師会の各分野の医師による医療・健康に関するコラム
胃心地いいね
胃心地いいね
沖縄タイムスの各市町村担当の記者が、地域で話題のお店や人気グルメを食べ歩きます。
NewsVideo
NewsVideo
ニュースをわかりやすく 新聞社の動画で比較
アクロス沖縄
アクロス沖縄
東京発 各分野で活躍する情熱県人らを紹介
ワールド通信員ネット
ワールド通信員ネット
世界各国の沖縄県系人の話題を中心に、海外通信員が各地のニュースをお届けします
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
おばあタイムスでおなじみのマンガ家・大城さとしさんが長編マンガで沖縄の企業を紹介するシリーズ企画です。
沖縄タイムスのイチオシ
沖縄こども未来プロジェクト
沖縄こども未来プロジェクト
企業や個人のサポーターの皆様から頂いた支援金で、子どもたちの夢を後押ししています。
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
howliveは沖縄タイムスが運営するシェアオフィス、コワーキングプレイス。抜群の立地と美しいデザイン、豊富な設備が特徴です。
「お悔やみ速報沖縄 しまダビ」登場
「お悔やみ速報沖縄 しまダビ」登場
お世話になった方との最後のお別れはお別れを大事にしたい・・・そんなあなたのアプリです。
「この本を読みましょう」おすすめ図書
「この本を読みましょう」おすすめ図書
大手4出版社のおすすめ図書を紹介。県内書店でぜひ手に取ってみてください。
「ライトプラン」スタート
「ライトプラン」スタート
得する人生、始めよう!有料記事100本が読み放題。記事閲覧“爆速”体感を。
新聞配達員募集
新聞配達員募集
お住いの地域周辺で、空いている時間を活用して働いてみませんか?
沖縄タイムス社NIB講座実施のお申込みはこちら
沖縄タイムス社NIB講座実施のお申込みはこちら
新聞から得るジンブンはビジネスの最強ツール!新入社員研修やOFF-JTにNIB講座「新聞の読み方講座」はいかがですか?
問題解決型メディア・プラットフォーム「Link-U by OKINAWATIMES」
問題解決型メディア・プラットフォーム「Link-U by OKINAWATIMES」
クラウドファンディングに加え、セミナー・コミュニティー事業を通じ、現状を変えようと挑むすべての「リーダー」たちを後押しします。