ノックの音がして、明香里(あかり)はドアに目を向けた。 「準備できた?」  外から夫の航平(こうへい)の声が聞こえ、「まだ。もうちょっと待って」と明香里は返した。 「予約は十時からでしょう?」 「わかってるから。