宝塚歌劇団月組の新たなトップスターとなった月城かなと。「今までにない責任を感じた」と大役を担う決意を述べつつ「月組のみんなは変わらず接してくれる。作品に向かう姿勢は変える必要はないと感じています」と声を弾ませる。  2009年に初舞台。端正な容姿で新人時代から存在感を際立たせていた。