21日午前7時10分ごろ、那覇空港から南東740キロ付近の海上で、マグロはえ縄漁船「第二十八克丸」(19・89トン)の機関長から「船が燃えており船体を放棄する、と乗船中の船長から連絡があった」と118番通報があった。

炎上するマグロはえ縄漁船「第二十八克丸」=21日午前10時54分、沖縄県内(第11管区海上保安本部提供)

 第11管区海上保安本部によると、陸上にいる機関長に衛星電話で連絡があった。通報によると、当時船内には日本人の男性船長1人、インドネシア人の乗組員7人の計8人が乗船していた。安否は不明。

 11管は午前8時18分、名護湾でパトロール中だった巡視船くだかを救助に向かわせた。午前9時27分には11管那覇航空基地所属の航空機が現場に向けて出発した。航空機は同10時50分、巡視船は22日午前0時ごろ、現場に到着する予定。