全国農業協同組合連合会(JA全農)と肥料の業界団体は21日、溶け出す時期を調節するためプラスチックの被膜で覆った肥料の使用を2030年にゼロにする方針を発表した。被膜が流出して微小なマイクロプラスチックとなり、河川や海洋の生態系を脅かすのを防ぐ。