沖縄県は21日、東京五輪の野球日本代表で金メダルを獲得した平良海馬投手(22)=八重山商工高出、西武ライオンズ=に県民栄誉賞を授与したと発表した。平良投手が右足首の手術などで来県できなかったため、球団を通じて表彰状と記念の琉球ガラスを贈った。

県民栄誉賞を受賞した西武ライオンズの平良海馬投手(球団提供)

 玉城デニー知事は「剛速球や多彩な変化球で打者を打ち取り、その勇姿は大変力強く、多くの県民の目に焼き付いている。夢と希望、元気を与えてくれた」と、正式競技となった後初の金メダル獲得に貢献した右腕をたたえた。

 平良投手は球団を通じ「県民栄誉賞をいただき、大変光栄」とコメント。「今季もチームの勝利に貢献できるよう腕を振っていく。地元沖縄の皆さんに明るいニュースを届けられるよう頑張る」と意欲を示した。