沖縄タイムス+プラス ニュース

子どもへの接種 悩む保護者、揺れる判断 5~11歳ワクチン承認

2022年1月22日 08:20

 厚生労働省が21日、5~11歳の子どもに接種する新型コロナウイルスワクチンの特例承認を発表した。「第6波」が猛威を振るう県内では10歳未満の感染者の割合も高まっている。政府は早ければ3月にも接種を始める見通しだ。保護者らからは「情報が少ないので様子見したい」など慎重な意見が多く上がっている。(社会部・石川亮太、銘苅一哲)

(資料写真)マスクと体温計

張慶哲医師

(資料写真)マスクと体温計 張慶哲医師

 今月中旬に小学2年の娘(8)がコロナ感染した豊見城市の会社員女性(43)は、39度台まで発熱し、白目をむいて苦しむ娘の姿に驚いた。翌日に受けたPCR検査で陽性が判明し、「家族でこの子だけワクチンを打っていないので、ここまでの症状になったのかなと思った」と振り返る。接種済みの他の家族3人は陰性で感染源は不明のままだ。

 3月以降に始まる予定の5~11歳の接種に関し、女性は「子どもの体に余計なものを入れたくないのが本音。1度感染した場合、どれくらいの免疫ができるのか、ワクチン接種の必要があるのか。日々情報が更新されるので、再感染リスクや治療薬の出方、流行の状況を見ながら決めたい」と話した。

 浦添市で小学3年の息子(9)を育てる女性(42)も接種させるか悩み中だ。息子にも意見を聞くと、「お母さんはどう思う? お母さんが打った方がいいと思うなら打つよ」と答えた。

 「多くの親は医療の素人。判断に困る」と吐露。「子どもは重症化しないといわれているし、持病もなく重症化する要素もない。コロナ感染とワクチンの副反応のどちらのリスクの方が高いのかよく分からないし、今のところは様子見しようかな」と話した。

 より慎重な意見もある。「子どもたちへのコロナワクチン接種を考える会」代表で内科医の薊(あざみ)典子さん(49)=豊見城市=は、今回のコロナ感染症は「子どもは重症化しないし、ワクチンの中長期の副作用が明らかでない。子どもにはリスクを上回るメリットがない」と言い切る。

 自身の12~19歳の4人の子にも接種させず、街頭や署名活動などで接種への慎重判断を呼び掛けている。薊さんは「いろんな情報を自分自身で確かめて、子どもたちの命や健康にとって何が一番大切か考えてほしい」と話した。

 同会メンバーで陶芸家の賀数郁美さん(38)=糸満市=も4歳と7歳の娘には打たせたくないと考えている。「反ワクチンではない。今は何ともないかもしれないが、今後新たな副作用などが分かってくるかもしれない。情報が少ない中で子どもたちに打たせるのは不安だ」と話した。

●感染拡大予防に意義 張慶哲医師(小児感染症内科)

 5~11歳への新型コロナウイルスのワクチン接種について、南部医療センター・こども医療センター小児感染症内科の張慶哲医師は「小児の大部分は軽症で重症化予防の意味合いは薄いが、学校を休んだり周囲が濃厚接触者になったりすることや感染拡大を予防する意味合いがある」と意義を説明し、基礎疾患があり重症化リスクのある子どもには積極的に検討を勧めた。

 ワクチンの安全性については接種後の発熱が1回目後で3%、2回目後に7%というデータがあると説明。発熱・倦怠(けんたい)感・頭痛などの副反応は、他の年代に比べて少し低いと言い「投与量を3分の1に減量していることなどが影響しているのかもしれない」とした。

 長期的な副反応が分からないのはワクチンに限らず新規で使用される薬剤全般に言えるとした上で「理論的にmRNAワクチンの成分は数日以内に分解される。体内で長期的に副反応を起こすことは極めてまれ」との考えを示した。

 親の間で子どもの接種にさまざまな意見があることについては「有効性と副反応の正確な情報に基づき接種するかを決めて、迷う場合は普段から信頼するかかりつけの小児科医に相談するのが良い」とした。

 分散登校やオンライン授業、行事の中止・延期など感染拡大は子どもの生活への影響は大きい。張医師は「子どもを守るためにも、まずは3回目を含めた大人のワクチン接種を進めることが優先だ」と強調し2月までは大人、3月以降に大人と子どもを並行した接種を進めるべきだと話した。

沖縄県内の「新型コロナ」これまでの記事一覧

連載・コラム
記事を検索
注目コンテンツ
ベジテーブルブログ
ベジテーブルブログ
野菜宅配サービス「ベジテーブル」。レシピ通りに作れば、おいしくて健康的な料理が短時間で手軽にできちゃいます。
電子パズル「数独」
電子パズル「数独」
毎週日曜日に新しい問題を出題します。有料会員向けサービス。ちょっとしたスキマ時間にスマホやパソコンで頭の体操してみませんか?
Tokyo沖縄めし
Tokyo沖縄めし
東京都を中心に首都圏にある沖縄料理店はおよそ600店。「ちむどんどん」する、心躍る沖縄の味を求めて、こだわりの店を紹介します。
データで捉えるウクライナ危機
データで捉えるウクライナ危機
データで捉えるウクライナ危機。購読は有料会員への登録が必要です。
解説 北朝鮮核・ミサイル設置情報
解説 北朝鮮核・ミサイル設置情報
解説 北朝鮮核・ミサイル設置情報。購読は有料会員への登録が必要です。
復帰のエピソードお寄せください
復帰のエピソードお寄せください
日本復帰にまつわる体験や、半世紀を振り返っての思いなどをお寄せください。
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
Kiroro玉城千春さんが沖縄県内の小・中学校を訪ねて、夢、命の尊さを届けます。
不器用トーク・アーカイブ
不器用トーク・アーカイブ
不器用トークのアーカイブページです。毎月1回、まさに今、現場で取材している記者たちが、それぞれのテーマについて熱く語ります。
命ぐすい 耳ぐすい
命ぐすい 耳ぐすい
沖縄県医師会の各分野の医師による医療・健康に関するコラム
胃心地いいね
胃心地いいね
沖縄タイムスの各市町村担当の記者が、地域で話題のお店や人気グルメを食べ歩きます。
NewsVideo
NewsVideo
ニュースをわかりやすく 新聞社の動画で比較
アクロス沖縄
アクロス沖縄
東京発 各分野で活躍する情熱県人らを紹介
ワールド通信員ネット
ワールド通信員ネット
世界各国の沖縄県系人の話題を中心に、海外通信員が各地のニュースをお届けします
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
おばあタイムスでおなじみのマンガ家・大城さとしさんが長編マンガで沖縄の企業を紹介するシリーズ企画です。
沖縄タイムスのイチオシ
沖縄タイムス公式動画チャンネル
沖縄タイムス公式動画チャンネル
沖縄特有の動植物や、観光スポット、事件・事故、そして米軍基地問題まで、さまざまな情報を動画でお届けします。
「この本を読みましょう」おすすめ図書
「この本を読みましょう」おすすめ図書
大手4出版社のおすすめ図書を紹介。県内書店でぜひ手に取ってみてください。
新聞配達員募集
新聞配達員募集
お住いの地域周辺で、空いている時間を活用して働いてみませんか?
問題解決型メディア・プラットフォーム「Link-U by OKINAWATIMES」
問題解決型メディア・プラットフォーム「Link-U by OKINAWATIMES」
クラウドファンディングに加え、セミナー・コミュニティー事業を通じ、現状を変えようと挑むすべての「リーダー」たちを後押しします。
沖縄タイムス社NIB講座実施のお申込みはこちら
沖縄タイムス社NIB講座実施のお申込みはこちら
新聞から得るジンブンはビジネスの最強ツール!新入社員研修やOFF-JTにNIB講座「新聞の読み方講座」はいかがですか?
「ライトプラン」スタート
「ライトプラン」スタート
得する人生、始めよう!有料記事100本が読み放題。記事閲覧“爆速”体感を。
沖縄タイムスのクラウドファンディング「Link-U」のプロジェクト一覧
沖縄タイムスのクラウドファンディング「Link-U」のプロジェクト一覧
問題解決に向けた挑戦を沖縄タイムスの「広報力」で後押しするクラウドファンディングサービス。プロジェクト検索はこちらから。
沖縄タイムス会社案内デジタル版
沖縄タイムス会社案内デジタル版
最新の会社情報や仕事内容を紹介。社長や若手社員から就活生へのメッセージもあります。