四十九日の法要と納骨が終わった。  わたしのたった一人の家族--おばあちゃんは、ホトケさまになって、静かにあっちの世界に旅立った。  息を引き取ったのは葉桜の頃で、いまはもう、紫陽花(あじさい)の季節だ。おばあちゃんは桜よりも紫陽花が好きだった。