鳥取県は20日、県内の公立小で1学級当たりの児童数の上限を全学年で35人から30人に引き下げる方針を明らかにした。30人学級は県内では既に1、2年で実施している。  2022年度から3~6年に順次導入し、25年度に全学年で30人学級となる見通し。