【南城】任期満了に伴う南城市長選が23日投開票され、前職で無所属の古謝景春氏(66)=自民、公明推薦=が1万3028票を獲得し、現職で無所属の瑞慶覧長敏氏(63)=立民、共産、社民、社大、新しい風・にぬふぁぶし、れいわ新選組推薦=を1689票差で破り、返り咲いた。投票率は69・12%で、前回を2・2ポイント上回った。

当選が確実となり、支持者とバンザイする古謝景春氏(中央)=23日午後10時18分、南城市佐敷新開の選挙事務所(伊禮健撮影)

 市政運営や子育て支援、福祉政策などを争点に選挙戦が繰り広げられた。

 古謝氏は同市誕生から3期12年のまちづくりを担った実績を強調。福祉関連複合施設の整備や南部東道路の早期開通、「子ども課」設置、ドーム球場の建設とプロ野球キャンプ誘致などを掲げて選挙戦を展開した。西銘恒三郎沖縄担当相や自民、公明の支援を受け、支持を広げた。

 瑞慶覧氏は玉城デニー知事が率いる「オール沖縄」勢力の支援を受け、1期4年の実績や子育て・福祉政策などを掲げたが、及ばなかった。

 古謝氏は「子どもやお年寄りが本当に南城市に住んで良かった、そしてこれからも住み続けたいという、日本一元気で魅力あるまちづくりの実現のために頑張りたい」と話した。

 当日有権者数は3万5509人(男性1万7825人、女性1万7684人)。

 古謝 景春氏(こじゃ・けいしゅん)1955年3月24日生まれ。旧知念村安座真出身。沖大卒。79年旧知念村役場採用。2002年同村長初当選。06年に初代南城市長に当選し、3期務めた。