選挙イヤー幕開けの名護市と南城市長選で、自民が支援する2氏が、玉城デニー知事率いる「オール沖縄」勢力が推す2候補を破った。名護の渡具知武豊氏と南城の古謝景春氏を全面支援した自民にとって、この2勝は県政奪還に向けた大きな弾みとなる。一方、オール沖縄勢力は知事選の行方を占う名護市長選で、岸本洋平氏を支援し、最重要課題である辺野古問題を最大争点に掲げながら敗北した。2期目を見据える玉城知事には大打撃で、戦略の見直しが迫られる。(政経部・山城響)

 自民は2018年の名護市長選同様、オール沖縄勢力と明確な対立軸の基地問題を「市長の権限で工事は止められない」と争点化しなかった。

 コロナ禍からの暮らしや経済の立て直しを重視する民意を盾に、基地問題の「争点外し」への批判をかわした格好だ。コロナ禍が続けば、政府とのパイプを生かした「予算重視」の政策が今後も県民受けする可能性は高い。...