新型コロナウイルスワクチン接種後、副反応との関連性が疑われる死亡事例は、昨年12月までに医療機関などから1400件超が報告された。一方、医療手当や死亡一時金が支払われる国の救済制度への申請は40件余...