沖縄県の那覇市教育委員会は25日、市内の小中学校を27日に爆破するとのメールが届いたとして、各学校に同日の始業時間を遅らせるなどの対応をするよう文書で通知した。

那覇市役所

 市教委によると、予告は匿名で20日に市総務課代表メールへ届き「那覇市内小中学校に爆弾を仕掛けた。1月27日木曜日、午前8時11分にセットしてある」とあった。

 市教委は25日に各校へ文書で通達。27日は通常より始業時間を1時間遅らせ、児童生徒の登校時間を午前8時45分~9時15分とする対応を決めた。

 那覇や豊見城警察署などと連携し、学校職員などが学校施設を巡回して警戒する。