米軍嘉手納基地(沖縄県)に26日午前10時7分ごろ、岩国基地(山口県)に配備されている最新鋭ステルス戦闘機F35Bが新たに2機飛来した。24日にも2機飛来しており、26日午後5時時点で同型機が4機駐留している。

訓練から嘉手納基地に帰還した最新鋭ステルス戦闘機F35B=26日午後2時21分、嘉手納基地(読者提供)

 目撃者によると着陸後は2機とも燃料を給油し、模擬爆弾を装着して午後12時40分ごろ離陸。午後2時20分ごろ帰還した時は模擬爆弾はなかった。着陸後は格納庫で給油や整備点検作業をする様子が確認された。

 嘉手納町、北谷町、沖縄市でつくる「嘉手納飛行場に関する三市町連絡協議会(三連協)」は外来機の飛来に反対している。