宜野湾署は26日、沖縄県宜野湾市内で面識のない男性を複数回殴り、重傷を負わせたとして、元プロボクサーで会社役員の容疑者(37)=同市=を傷害の疑いで逮捕した。調べに「被害者が殴ってきたから、自分も1発だけ殴った」と容疑を一部否認しているという。

(資料写真)パトカー

 逮捕容疑は昨年12月26日午前0時50分から同53分ごろの間、宜野湾市普天間2丁目の路上で大阪市在住の無職男性(30)を手拳で殴打し、全治約1年の下顎骨(かがくこつ)骨折を負わせた疑い。署によると、飲食店でトラブルになり、店の外に出て殴ったとみられる。

 同容疑者は県内のプロボクシングの大会に出場するなど、元プロボクサーとして活躍していた。