【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202201276674-O2-Jd70ie74

AsiaNet 94254(0218)

【青島(中国)2022年1月26日PR Newswire=共同通信JBN】ハイセンス (Hisense) は26日、2022年に23万トンの温室効果ガス(GHG)排出量削減目標を設定し、持続可能な開発ビデオ「Hisense, Towards a Greener Future(ハイセンス、より環境に優しい未来に向けて)」をリリースするとのコミットメントを発表した。ハイセンスによると、製造システムは2021年に7万6000トンの二酸化炭素排出量を削減した。2022年にこの目標をグローバルに達成するには、多様な戦略が必要とされ、持続可能性を受け入れるために、B2BからB2C事業への変革が実施される。

https://www.youtube.com/watch?v=ZcqzEepU98g

▽持続可能な開発に沿った新しいB2Bモデルの開発

「people-oriented, application-oriented(人間を重視し、アプリケーションを重視する)」ことに注力すること、そしてインテリジェントな開発および持続可能なエンパワーメントが一般的トレンドになっている。ハイセンスは最先端技術の開発と生産に専念し、インテリジェントなスマートシティーソリューションや医療用ディスプレーなどに焦点を当て、B2B分野でのフットプリント拡大に成功している。

ハイセンスのインテリジェントなスマートシティーソリューションは、スマートシティー構築を実行するためのコアとして「city cloud brain+Hisense cloud brain(シティークラウドブレイン+ハイセンスクラウドブレイン)」のデュアルクラウドブレインを使用する。渋滞緩和によりCO2排出量の削減に努めている。この取り組みは、スマートシティーテクノロジーの開発・適用の第一歩である。これまで、ハイセンスのインテリジェントなスマートシティーソリューションは169都市で成功裏に使用されてきた。ハイセンスはB2B開発を拡大し、グローバリゼーション戦略の配置を実現することを強く主張している。

▽省エネと排出量削減の促進のためB2Cで行動を起こす

技術の飛躍的進歩は製品と技術開発に高品質をもたらす。ハイセンスの家電製品は、「Green Design, Green Procurement, Green Manufacturing, Green Logistics, Green Recycling(グリーンデザイン、グリーン調達、グリーン製造、グリーン物流、グリーンリサイクル)」に継続的に注目し、家電セクターのグリーン変革加速をサポートしている。

ハイセンスは2022年、環境に優しい素材の実質的な使用を含む「Green initiatives, create prospects(グリーンイニシアチブ、展望の創出)」を継続して実施し、従来の高汚染石炭火力の代替として太陽エネルギーを使用し、Rapid Thermal Cycle Injection技術により生産製造プロセスを簡素化し、使い捨てプラスチック製品の表示を追加して、冷蔵庫部品などの利用効率を高める。

持続可能な開発のためのグリーンテクノロジーは、社会的・経済的開発を促進するためのハイセンスの旅の中で最も重要なステップである。ハイセンスは、持続可能性推進のための行動と、より環境に配慮し、より持続可能な未来を創造することにコミットしている。ハイセンスは、持続可能な開発への取り組みが家族や社会に繁栄をもたらすことを確信している。

*データ参照は中国向けのみ

ソース:Hisense

画像添付リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=413928
(画像説明:ハイセンスの温室効果ガス排出量削減目標)

Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=413930
(画像説明:ハイセンスB2B)

ハイセンスの温室効果ガス排出量削減目標

提供: