沖縄タイムス+プラス ニュース

「誇りある心を折ることできない」 基地反対運動のリーダー山城議長、辺野古に復帰

2017年3月26日 10:53

 基地建設運動に絡む容疑で5カ月間拘束されていた沖縄平和運動センターの山城博治議長(64)は、保釈後初めて辺野古を訪れた。大会開始前に登壇。「全県、全国、世界から寄せられる激励を感じて頑張ることができた。心から御礼申し上げる」と感謝を伝えた。

あいさつを終えて集会参加者と握手を交わす山城博治さん

 口調はすぐに熱を帯び、「どのような暴力が振るわれても、機動隊が何百、何千と来ても、私たち県民の誇りある心を折ることはできない」。涙を流して見守る人もいた。

 山城議長は留守を預かった仲間を「体調は大丈夫? ごめんね」と気遣い、握手を交わした。保釈中は外部との接触に制限があり、弁護士同伴でわずか15分の滞在。それでも「やっと帰ってこられた。うれしい」と満面の笑みを浮かべた。

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS