【糸満】糸満市北名城沖で2日(水)午前9時から正午にかけ、米国製5インチ艦砲弾など3発の不発弾処理作業が行われる。北名城沖や糸満漁港で昨年5月から11月にかけて見つかったもの。

現地対策本部 糸満市役所

 午前8時半から午後0時半ごろまで、処理現場から半径300メートルで船舶の航行や停泊が、また半径3キロでは潜水や遊泳が禁止される。

 現地対策本部は糸満市役所に設置する。陸上での交通規制はなく、避難対象世帯はない。