沖縄タイムス+プラス プレミアム

「絶望はしない」保釈された山城博治議長に聞く 長期勾留で感じた怖さ「権力がその気になれば…」

2017年3月29日 16:16有料

 米軍基地建設反対運動に絡んで逮捕、起訴され5カ月ぶりに保釈された沖縄平和運動センターの山城博治議長(64)が28日、沖縄タイムスのインタビューに応じた。名護市辺野古の新基地建設について「強権的に進む工事に悔しさはあるが、絶望はしない。戦争を止めるため、声を上げ続ける」と語った。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気
沖縄タイムスのイチオシ