世界各国で被害が拡大している身代金要求型のコンピューターウイルス「ランサムウエア」による国内の被害報告が、2021年に沖縄を含む33都道府県で146件あり、大幅に増加していることが10日、警察庁のまとめで分かった。