県では脳出血を発症する60歳未満男性割合が高く、その死亡率は全国でも上位にあります。脳出血の脅威が沖縄の働き盛り世代を直撃しているのです。その原因として働き盛り世代の健診の受診率が低く、高血圧の治療を放置していること、さらに過度の飲酒習慣にあることが指摘されています。