日本政策金融公庫による新型コロナウイルス関連融資を違法に仲介したとして、貸金業法違反(無登録営業)の罪に問われた元公明党衆院議員遠山清彦被告(52)は14日、東京地裁(丹羽敏彦裁判長)の初公判で「間違いありません」と起訴内容を認めた。その上で「政治不信を招き、深く反省している」と述べた。...